迅速と信頼による21世紀の経営を考える。西東京市の税理士法人

アクセス
メールでのお問い合わせ
042-422-7440 受付時間:9:00~19:00(土日祝日休み)

顧問及び協力事務所

顧問税理士

組織再編税制担当

日野 実(ひの みのる) 【元税務大学校教授】

国税局では大法人を所轄する調査部で長く審理事務に携わり、複雑困難な案件を処理してきた。
税大研究部では国際租税セミナーの担当教授を経験し、法人税法に精通しているが、中でも合併、分割.M&A等の『組織再編税制』や『連結納税』の相談を受けることが多い。

申告所得税担当

霜山 明夫(しもやま あきお) 【元税務署長】

平成24年7月税務署長を最後に退官し、税理士を登録。
国税局では個人課税課長、人事2課長、総務部次長を歴任し、主として個人課税事務に従事したほか、組織管理や危機管理事務を担当した経験を生かし、企業の内部統制、コンプライアンス等の問題に適任。

金融取引担当

藤澤 鈴雄(ふじさわ すずお) 【元国税局国際監理官】

国税局等ではグローバルトレーディング課税、移転価格課税を多く手がけ、国際調査課長を経て退官までの2年間は国際課税の総責任者である国際監理官を担当。
現行の法人課税制度は特に国際課税に多くの問題があり、タックスプラニングにも大きく影響するところなので、その経験を役立てたい。

法人一般担当

大下 雅夫(おおした まさお) 【元国税局調査部部長】

国税局では課税部法人税課長、調査第二部長を歴任し、法人税調査事務の指導監督を長く行った経験から税務調査時の折衝、対応には理解が深い。
作家の城山三郎氏のファンで、氏の著書「少しだけ、無理をして生きる」を実践。

不服審査全般担当

村山 晃(むらやま あきら) 【元税務署長】

税務職30年間では法人税の調査が主体となり、国税に関する行政職10年では税務署の機構やバブル崩壊後の会社再建支援明確化のプロジェクトチームを設置して取組む。
法人税の専門書として「寄附金の税務」等の著書あり。
趣味のゴルフではエージシュートが夢 。

法人争訟案件担当

岩崎 廣海(いわさき ひろみ) 【元税務署長】

国税局では資料調査課(いわゆる料調)を5年勤務し、その経験をもとにして税務調査の立会では当局と納税者の間で納得のいく終結を心がける。
また国税訟務官室に3年勤務し、税務訴訟の貴重な実務を経験。

源泉所得税担当

熱田 稔敬(あつた としたか) 【元税務署長】

両国高校から慶應義塾大学卒の江戸っ子で明朗快活の性格。
様々な税務官庁を経験し、どんなことでも相談にのれるという強みがある。

法人税審理担当源

高田 敏男(たかだ としお) 【元税務署長】

国立高校から中央大学(法)卒業、国税専門官の第一期生。
国税の職場経験では多くの税目に携わったが、法人税の審理畑を最も得意とする。
現在、税理士業のほかに東京成徳大学の講師、埼玉学園大学大学院の客員教授を担当し、若い会計人の育成にも努めている。

所得税争訴担当

吉本 春雄(よしもと はるお) 【元税務署長】

国税の職場では所得税、法人税に取り組み、税務大学校の研究科生に抜擢され、東大に1年間聴講生として通い、研究論文『確定申告の一考察』を作成した苦労が今に生きる。
東京税理士会桜友会の研究部長を長年務め、現在は桜友会会長の要職を務めている。http://www.tax-mirai.or.jp/oldsite

消費税・印紙税担当

斎藤 幸一(さいとう こういち) 【元税務署長】

中央大学(商)卒業し、国税の職場では主として直税の法人税の調査畑を歩むが、間税部へ2度にわたり在籍した。
特に平成元年の消費税導入時には担当官として苦労もあり、また印紙税調査や酒税行政といった特異な分野にも強みがある。
ファイナンシャルプランナーの有資格者。

海外取引担当

小林 明夫(こばやし はるお) 【元税務署長】

東北大学(法)を卒業後、国税局の法人部門のうち、国際税務を長く担当するも平成28年7月、国税の職場を退職後は調査実務経験を活かし企業顧問・講演に従事。

相続・贈与担当

武田 秀和 (たけだ ひでかず)
【現ミロク情報サービス税務研究員】 【元税務署資産課税統括官】

中央大学(法)卒業後、国税局へ入ってからは相続・贈与・譲渡の資産税畑を歩む。
退官後は(株)ミロク情報サービス税経システム研究所研究員として、全国の税理士を相手に資産税のセミナーの講師として多忙を極め、それと共に資産税関係の専門書の著作も多い。
忙中に閑を見つけての渓流釣りは自称免許皆伝。

資産税・事業承継担当

庄司 範秋 (しょうじ のりあき) 【元国税不服審判所長】

国税局、国税庁での相続・贈与・譲渡といった資産税の実務および行政を経験し、現在、税理士として税理士・公認会計士を対象とする講演が多忙。
「事例解説 不動産をめぐる税金」(日本加除出版)
「基礎控除引下げ後の相続税税務調査対策の手引」(新日本法規出版)など多数著作。

弁護士

浅井 平三(あさい へいぞう)

昭和26年 福井県生まれ
平成5年 第二東京弁護士会登録
同会公害対策環境保全委員会委員長等を歴任し、現在青山学院法科大学院客員教授を兼務

エルム法律事務所
住所 〒101-0054 千代田区神田錦町2-4-6 ワダビル5階
電話 03-3518-9155

特別顧問

宮村 智(みやむら さとる)

【元税関長】【元国際復興開発銀行理事】【元ケニア特命全権大使】
国際復興開発銀行理事を歴任し、ケニア特命全権大使も歴任。 その他海外での歴任も豊富に経験している。

社会保険労務士

鍋田 岳男(なべた たけお)

厚生労働省勤務時代の人事労務関連業務の経験を活かし、多様な企業の人事労務問題に関する相談を受ける。
最近では、労使トラブル、コンプライアンス、就業規則作成、助成金活用などの相談を受けることが多い。

鍋田社会保険労務士事務所
住所 〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-7 神田中央ビル605
電話 03-6261-5856

特別顧問

工藤 進英(くどう しんえい)
【昭和大学横浜市北部病院消化器センター 消化器センター長】

内視鏡ゴッドハンドとして世界的な名声を得る大腸がん治療の名医。
大腸がんでは死なせないを理念に掲げ、一人でも多くの患者の治療に尽力している。

昭和22年 秋田県生まれ
昭和60年 秋田赤十字病院 外科部長
平成12年 昭和大学医学部 教授
横浜市北部病院消化器センター長

協力事務所

司法書士

山本 好(やまもと よしみ)

昭和21年 群馬県生まれ
昭和49年 東京司法書士会入会
昭和49年10月25日 東京司法書士会入会
むさしのFJ司法書士法人(平成17年10月20日法人設立・代表社員)として不動産登記・商業登記のほか簡裁訴訟代理・成年後見関係業務なども手がけている

むさしのFJ司法書士法人
住所 〒180-0022 東京都武蔵野市境2-14-1スイングビル603
電話 0422-60-5600

一級建築士

坂本 周一(さかもと しゅういち)

昭和22年 栃木県生まれ
昭和48年 一級建築士登録(第81171号)
老人関係施設及びリゾート施設の建築設計・監理業務を主に手がけ
確かな技術で多くの作品を世に送り出している

株式会社アトリエシープ設計事務所(一級建築士事務所 東京都知事登録第34162号)
住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-11ルート西池袋601
電話 03-5391-9311

土地家屋調査士

山下 勝弘(やました かつひろ)

昭和17年 長崎県生まれ
昭和45年 東京法務局土地家屋調査士登録
不動産の調査・測量・登記などの業務を行い、宅造設計にも長年携わり、複雑な事案についても多数実績を残している

山下測量設計事務所(土地家屋調査士登録第4978号)
住所 〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-5-10 センチュリー境南町201号
電話 0422-33-4343

法人向けサービス
  • 法人設立支援
  • 税務・会計顧問
  • 事業承継支援
個人向けサービス
  • 個人事業支援
  • 贈与税について
  • 相続専門サイト
ISOマーク

ページトップへ