迅速と信頼による21世紀の経営を考える。西東京市の税理士法人

アクセス
メールでのお問い合わせ
042-422-7440 受付時間:9:00~19:00(土日祝日休み)

健康手帳

墨田区の曳舟にある大岩医院様から、健康に関する記事をいただきました。
今回は、その第一回目として「高濃度ビタミンC点滴療法」をご紹介して頂きます。
第一回目
【高濃度ビタミンC点滴療法】
高濃度ビタミンC点滴療法とは
 マイヤーズ・カクテル点滴よりビタミンCの量が格段に多いのが特徴です。ビタミンCの美容的作用としては、メラニン色素の生成抑制による美白効果。また、コラーゲンの生成には、ビタミンCが必須です。
美容効果やガン予防を期待して行われる場合、通常1回25g程度のビタミンCを点滴します。一般的な1日のビタミンCの必要摂取量は0.1gと言われています。(レモン1個は約0.05g)実際、これだけの量を通常の食事やサプリメントで摂取することは、殆ど不可能です。点滴することで飛躍的に血中濃度を上げる事が可能になるのです。一般に言われているビタミンCの必要量は(厚生労働省が推奨する摂取量)は、壊血病を防ぐのに十分な量であって、より良い健康状態を維持していくための摂取量とは異なると考えられています。
病気によって酸化ストレスが加わると、持続的な細胞障害が起こり、その際抗酸化物質であるビタミンCが消耗されていきます。ビタミンCを補給することによって酸化ストレスから正常細胞を守ることで治療効果を高めます。
 ガン患者の血中ビタミンC濃度は通常より著しく低いと言われています。ビタミンCを大量に投与すると、ガン細胞の周囲で過酸化水素が大量に発生します。この過酸化水素によってガン細胞は細胞死してしまうのです。正常な細胞には過酸化水素を酸素と水に変えるカタラーゼという酵素が存在しますがガン細胞はカタラーゼの活性が低下しているため過酸化水素が発生するのです。
こんな方に
1.美容(お肌のハリ、シワやシミ、肝班の改善、タルミの予防)美白を目的として治療を希望される方
2.ガン予防、ガン再発予防、免疫力を上げる事での体調改善を目的として治療を希望される方
3.既に、ガンの診断を受けて治療中の方
どうして点滴なの?
 大量にビタミンCを経口摂取しても、ある一定のレベルを超えると、なかなか血中濃度があがりません。また、ビタミンCは酸化しやすいためサプリメントでは高濃度を維持できず、経口では全身にビタミンCが行きわたる前に酸化してしまいますが、点滴の場合は、短時間の内に高濃度の状態で全身に行きわたらせることが可能で、血中のビタミンC濃度が高まり、高い抗酸化作用が得られるのです。
 高濃度ビタミンC点滴は、ノーベル賞を2回も受賞した米国のライナス・ポーリング博士らによってビタミンCが癌患者の予後を改善すると言う論文を発表したのが始まりで副作用のない癌治療として注目を浴び米国で行われています。ただし、すでに有効な抗ガン剤に代わるものではありません。
H21年6月記 大岩医院
大岩医院様のホームページはこちらから

法人向けサービス
  • 法人設立支援
  • 税務・会計顧問
  • 事業承継支援
  • 行政書士法人みらい
個人向けサービス
  • 個人事業支援
  • 贈与税について
  • 相続専門サイト
ISOマーク

ページトップへ