迅速と信頼による21世紀の経営を考える。西東京市の税理士法人

アクセス
メールでのお問い合わせ
042-422-7440 受付時間:9:00~19:00(土日祝日休み)

家相建築設計事務所様 連載(110)~家相の流儀・流派 ~

皆様こんにちは、佐藤秀海です。

 

それでは、拙著「今日からできる開運事務所」(清文社)の中から、皆さんに参考にしてほしい部分を紹介いたします。

 

事業をやるからには、成果を上げてほしい。そのためには、運も必要です。バブルのように消えてしまう運ではなく、努力に努力を重ねて手にした本物の運を手に入れるために、家相の知恵を活用してください。

 

 

見積もりや契約を増やすためには、西方位と北西方位をうまく活用することがポイントになります。

 

西方位は九星方位の中の七赤金星の方位。

この象意は精錬された金属を表し、金貨などの価値ある金属の意味を持っています。

季節でいうなら収穫の秋。厳しい冬から芽吹きの春、そして成長の夏を経て迎える秋には、物事を完結する力があります。

 

また、北西方位は九星方位の中の六白金星の方位。

六白金星は七赤金星と同じ金星に属しますが、こちらの示す金星の象意は鉱石・原石の象意が強く、磨かれる前の状態を表します。

 

二つの象意とも財産や実りを表していますが、使い方にはそれぞれポイントがあります。

これから契約を目指す新規顧客に対しては、北西方位を活用してください。

確かな形のないビジネスの卵は、北西方位・六白金星の象意を使って磨きをかけてください。見積もりや契約に関する資料の整理なども、北西方位のスペースを活用すると成果が上がります。

 

次に、契約という確かな成果を挙げるためには、西方位・七赤金星の方位を活用します。

もちろん、相手のために誠心誠意尽くすことは大切ですが、この方位には喜びや笑いという象意もあるので、まじめ一方にこだわることなく、気の利いたジョークや相手を喜ばせるサプライズ演出なども取り入れてみてください。

ビジネスには結果がつきものですが、先ずは、相手を楽しく喜ばせることも大切です。「笑う門には福来る」ではありませんが、これぐらいの余裕をもって仕事ができなければ、開運事務所は実現できません。

 

この六白金星と七赤金星のもう一つの使い方としては、資金繰りなどの金策に適しているということが挙げられます。

新規事業の立ち上げや投資など、金銭にまつわることはこの二つの方位をうまく活用することで道が開けるはずです。

 

また、この二つの方位の象意がもっとも効果を増す時間帯は、夕方17時から夜の23時頃までと言われているので、この点を忘れずに効果的に活用してください。

キャプチャ5

 

法人向けサービス
  • 法人設立支援
  • 税務・会計顧問
  • 事業承継支援
  • 行政書士法人みらい
個人向けサービス
  • 個人事業支援
  • 贈与税について
  • 相続専門サイト
  • 相続サポートセンター
認定経営革新等支援機関
ISOマーク

ページトップへ